セッション,

日本在住の方 と NZ在住の方 の違い

ニュージーランドから帰ってきて2週間ちょっと

ふと
さっき分かったことがあった

それは

日本在住の方 と NZ在住の方 の違い

 

なにかが違うから自分の中でいい意味での違和感

その違和感の原因をずっと考えていた

というより、問いかけ・投げかけをして放置していた

そのうち答えが出てくるだろうと

その答えは自分の中での「答え」なので
正解かどうかは特に問題ではない
自分の中ですっきりできるかどうかなだけ

なので自己満足な問いかけなのだ

 

しかし、考えるではなく

問いかけておく・投げかけておくとはとても便利

しかも負担がない
普段の生活にも支障が出ない

淡々と生活はできる

 

自分という検索エンジンを使う感じ

その速度は人によって違うと思うが

きっとその人のベストな速度で検索結果が出ると思う

文字

2週間って結構かかった感じがするが
わたしにとってはそれでよかった

 

——————-

話がそれてしまったが
冒頭でお話しした分かったこととは

「ここで生きる」 という意志を持っているということ

その意志があるから

「生きる」センサー がものすごく敏感になってるように感じた

 

これはNZ在住の日本人の方とした

セッションでの会話
普段の何気ない会話
ワークショップでの姿勢

を通じて私が一方的に感じたことである

 

 

そのセンサーに対して正直に、素直に
生きている感じがするし
それに伴う行動ももちろんしている

だからリーディングでも、セルフケアのワークショップでも
素直に情報を取り入れられる人が多かったのではないかと思う

今回、日本在住と海外在住の方の違いという表現をしたが
これは特に場所に限った話ではない

ただ、日本という場所はよく悪くも
無意識で過ごせてしまう

「よし!生きよう!!」なんて意気込む必要もない

 

「生きる」ということ

当たり前なんだけど、

 

今一度、意志をしっかり持って生きたい

生を活かしていきたい

そんなことを気づかせてくれたこの2週間

 

そして活力に溢れる人たちとお互いを活かし合い

この地で生きていこう

そんなことをふと思った昼下がりでした

写真 2016-05-02 16 33 47

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です