イベント, オラクルカード

6.21 夏至スペシャルリーディング

夏至 スペシャルリーディング

2018.6.21 本日は夏至。
ということで、いつもとは違い、3種類のカードを使用してメッセージを受け取りました。



まずひとつめ

◯夏至を迎え、今後どのような意識で過ごせばいいですか。

《木花佐久夜毘売 -このはなさくやひめ- 》
キーワードは「純心」
なんの曇りもない、真っさらで澄んだ心の目を持つこと。
その意識があればあなた自身のありのままの美しさがそこにあることを知る。

気高く、凛とした気持ちの良い静けさを内に感じるとき、何の隔たりもなく、真っ直ぐに陽の光を受け入れることができる。


《天手力男神 -あめのたじからおのかみ- 》
物事は力づくでは押し進められない。

力とは知性であり、本当の力強さとは豪腕さと繊細さの両方が備わっている。

もう一度、肚の使い方を思い出すのだ。
力むだけでは届かない、見えない境地がある。

丹田への意識が本来の力の使い方を教えてくれる。


◯この意識を具体的にどう使えばいいですか。

《九頭龍 -くずりゅう- 》
予想だにしないことがどんどん起こっていく。

始まりは小さいかもしれない。
しかし、意識を小さくせず、先入観を捨て、気持ちよく受け取り続けること。
遠慮はいらない。ただ、気持ちよく受け取る。

今後、協力者が増えてくるだろう。
そのまま安心して進めばいい。


◯その先にはどんな世界があるのですか。

《慈愛 -じあい- 》
見返りも報いも期待しない、愛の世界。

純粋な気持ちが支え合いとなる。

心の内が、外に反映する。
自らを慈しみ、愛することが世界を慈しみ、愛することになる。

そこには期待も不安もない。

ただ愛が存在するだけである。


▷▷▷
今日は少ししっかりと時間を取り、リーディング&チャネリングをしました。
やはり自身の “肚に抱えている”ものが自分自身が生きる世界に反映するのですね。

散々、「浄化」と言われ、「不要なものを手放せ。」と、方々から言われています。

物質は内面が反映したに過ぎず、やはり肚の奥底に抱えているものをクリアにしない限り、また似たような現象を引き起こすことに。

だからこそ、物質から先にやることで、内側のスペースもゆとりが出始め、リリースしやすくなります。

気付いたその瞬間からスタートできます。
引き出しひとつでもいいです。キッチンやトイレの水回りをピカピカにする。

「こんなことしてどうなるの・・・」と思わず、ぜひワンアクション!
素直な自分がかわいくなるはずです

やはり、過去に何があろうと、それを活かし、前に進んでいくしかない。
そして、進むうちに足を引っ張っているのは・・・
 

自身の観念(思い込み)だけであると気付くはず。

それに気づくだけでも、目の前の景色は変わります。
ぜひ、現実世界に今日のキーワードを落とし込んでみてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です