【レポート】1/11蟹座満月エネルギートリートメント〜猿田彦からのメッセージ〜

micchiのひとりごと

準備はすでに始まっていた

1/11は2020年最初の満月
そして、恒例のエネルギートリートメントの日。

【2月受付終了】美容院に行くようにエネルギーを整えよう〈満月エネルギートリートメント〉
影響が一番高まった満月の日に、自分自身のエネルギーと受けた影響を馴染ませる。知らず知らずのうちに影響を受けてしまったものを、補正する。あなた自身がより美しく輝けるように、エネルギーをトリートメントするということを習慣化してみませんか?

実は今回、普段よりも告知が少なかったんです。

にも関わらず、はじめましてのお申込みも多く、
どこかいつもと少し違った雰囲気でした。

道を歩いていたり、
自転車で通っていたりするときも
自然と目の前の道が開け、すんなり通れる

ということばかりが続いていて、
「開かれる準備が進んでいるんだなぁ」
と感じながら過ごした満月までの数日でした。

※今回のレポート、写真多めにしてますが、また長いです。笑
INDEXから飛んでいただけます。

それぞれの意図

今回は2020年最初の満月ということもあり、
新年バージョンとして
個別の設定で届けすることに。

皆さんそれぞれに抱いている展望や
いま感じている想いを聞かせていただいたり、
お名前から必要なキーワードをキャッチしたり

個々に感じ、作成していきました。

その中で共通していたのは

「今いる場所(ゾーン)から抜ける」

でした。

これには良いも悪いもなく、
今ある価値観を改めて見直したり、
意識を明確に立て、実行していく。

みたいなニュアンスです。

個別の意図設定はとても勉強になったので
また時期を見て実施したいなと思います。

迎えたエネルギー設定の日

さて、今回のエネルギー設定の地は
猿田彦大本宮 椿大神社です。
「椿さん」の愛称で親しまれています。

椿大神社
伊勢国一宮 猿田彦大本宮 椿大神社

この日は、平日にも関わらず賑やかで、
新年らしいなぁと思いながら
周りの空気を楽しみつつ、
サクサクと参道を進みました。

ここからは写真をメインに!
空氣感を感じていただけたらと思います。

猿田彦さんの御陵(お墓)

猿田彦さんが地球に乗ってる

この鳥居の前で一礼するとグワーっと風が

本殿の前でも風が吹いてました

 

猿田彦さんの御陵と本殿で
挨拶とこれまでの御礼をすませ

次は…

別宮の椿岸神社にもご挨拶

美しい〜

ほんとに美しい〜

この日、至るところでの歓迎を受け、
それだけでお清めされた感覚がありました。

そして、本当に時代が変わるんだ。と

風に乗せて

さて、本来の目的のエネルギー設定。
実は事前に場所を定めておりました。

御神体山ひとつである入道ヶ嶽入り口。
(ここまで来ると人の気配は全くありません)

ここから頂上まで行くと
山頂に椿大神社の奥宮があります。

事前に調べたところ
今回は頂上までは行くのは難しいと判断したため
鳥居の内側で設定させていただきました。

鳥居に一歩入ると…

椿の木がたくさん!
花はまだ開いていませんでしたが、
蕾がたくさんありました。

この椿の葉のカーテン越しに入る
あたたかい光を全身に受けながら
設定させていただきました。

おひとりずつお名前と
意図設定読み上げ、

加えて、
世界中の生命が輝くことを祈りました。

設定が終わった瞬間

あたたかい風がふわっと吹き
(本殿周辺で感じた風とは全く違うもの)

それと同時に

「賜った」の言葉。

涙が溢れました…

厳しくも、愛情深い存在からの声。

 

再び登場

猿田彦さんです。

みなさんの意志が伝わった瞬間でした。

 

それだけではなかった

その後の自分の行動にびっくりしたのですが

登る予定ではなかった
目の前の道を進み始めたのです。

結構な勾配の石段

山頂までは女坂を利用して2時間ちょっとかかる。
ルートはいくつかあるのですが、
一番急勾配の石段ルートを登り始めていました。

ほんの少し前までは

準備してないし
時間も中途半端だし(お昼過ぎていた)
筋肉痛だし(自主トレでふとももはちきれそうに)

格好も普段着だし!!

と、登れない理由ばかりが出る!
(もう登りかけているのに!笑)

だけど、
誘(いざな)われてしまった!!

そして、なにより

「行ってみたい!」

という純粋な好奇心が駆り立てられ
気づけば石段を一段ずつ登っていました。

やっぱすごい石段

「いや、めっちゃしんどいわ!」

と半泣きになりながらも、
(前もこんなことやってましたね。笑)

本当にしんどくなったら引き返せばいいし
行けるところまで行ってみよう!

と、進んでみることにしました。

登山をする方からしたら
「そんなおおげさな!」って話。笑

この時の葛藤もメッセージに変わると思ったので
胸中をそのまんま綴っています。

とはいえ、準備は本当に大切です!
山はナメたらいけません!!!

好奇心に従って進むと

そんなこんなで
息も上がりながら登っていくと…

 

なんと

 

なんと

 

 

ででーん!

あっという間にこちらの鳥居が現れ、
奥には小さな社が鎮座していました。


神集 愛宕社

あぁ、これに誘われたのですね。

先ほどくぐった鳥居の社はここでした。

奥宮と愛宕社は別だと知らずにいたので
おもむろに登場した鳥居&社にびっくりです。

ちなみに山頂の奥宮はこんなかんじだそうです。
(椿大神社HPより拝借)

 

さて、改めてご挨拶と、
先ほどエネルギー設定させていただきました。

とご報告。

その後、裏側にまわり

とある宣言を。

ちょっとこの辺の記憶が曖昧なんですが
なにせ空氣・空間が違い過ぎ

時間感覚もよくわからない状態で

ひとりでこの場を堪能してました。

この先にまだ上があることは分かっていましたが
この時点での頂点はここなのだと感じました。
なのでこれ以上進む氣には全くなりません。

とは

てっぺん(なにかのトップ)という意味よりも

己の中での「やりきった」ということだろう。

達成感というより、到達感

「やれた!」という感覚を掴むこと。

行けるところまで行ってみよう!
ダメだったら引き返そう

でもいいのだ。

進んだ先に、
出会えるものがある。

あなたへのメッセージ

愛宕社を後にし、椿さんへ戻る際
ふと思い立ち、おみくじを引いてきました!

引く時には

「これを目にする方に必要なメッセージをください」

と意識を向けながら引きました。

なのであなたへのメッセージです!

君に決めた!

開いてみると、出てきたのは達磨さん!!

 

そして、そして!??

友!!!

=======================
あなた元に集う
つなぐ架け橋となりなさい
あなたは人をひきつけ
一つにまとめる力がある
一人ではできないことも
友を集め成し遂げなさい

どんな困難も
あなたがいれば乗り越えられます
=======================

じーーん。

泣けます。

あなたの元へ集う友

それは「友達」という枠組みだけではない
もっと広いものではなかと思います。

あなたの元に集う様々な存在を繋ぎ

どうかあなたが世界の架け橋となってください。

あなたがいなければ

成し遂げられないことがあるのです。

達磨さんもついてますからね。

最後までお読みいただきありがとうございました!

2020年もあなたが輝く年となりますように!

全てを終えたあとに舞い降りてきた綿毛ちゃん

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました