「やる気が続かない…」「変化したと思ったのに変わってない」と嘆くあなたに捧ぐ人間に備わった大切な機能

micchiのひとりごと

どちらもストレス

突然ですが

あなたはやる気がずっと続く人ですか?

モチベーションを保つのが得意でしょうか?

 

タイトルにもある通り

おそらく、この記事を見ている方は

それらが苦手と思われているのではないでしょうか?

 

実は、人がストレスを感じるのは

劣悪な環境だけではありません。

 

よくなる方に変化することにも

ストレスを感じるんです。

 

「え?幸せに感じることもストレス?」

と思いましたか?

 

答えは

「イエス」

です。

 

頭(脳)では多幸感・充実感などを感じていたとしても

身体や心はストレスに感じているんです。

こんなことありませんか?

昨晩までとっても充実していて

「やるぞー!!!」

 

と、気合いが入っていたのに

 

朝起きてみると

 

「え、あの時にやる気はどこへ?」

「昨夜のやる気は夢だったの?」

と思うほどの

テンションの下がり方を経験したことありませんか?

これはかなり極端な例ですが、

 

「いいことが続くと、
次は悪いことが起こるから不安」

と、すでに調子がいい時から

不安にかられたりしたことはないでしょうか?

 

これって、単に考え方の問題ではないんです。

 

もともと人間に備わっている

とても重要な機能が関係しているんです。

 

そいつの正体

そういうのを

恒常性の維持機能
(ホメオスタシス)

といいます。

 

体温が下がったら
身体は自然と上げようとする

疲れた時は泥のように眠るのも
身体が回復させようとするから

 

心もそうで

テンションが急激に上がりすぎると
急いでテンションを下げます。

 

これは人間に備わった機能で

能力や、やる気の問題ではないのです。

 

この機能は

ある一定を維持する

つまりは

できる限り変化させない

という仕組みになっている!

 

「なんてややこしいい仕組みなんだ!」

って思いますか?

 

だけどわたしたちは

この仕組みがあることで生命維持ができているのです。

 

日々入れ替わっている

実は、細胞は場所によりますが

数日から数ヶ月、数年に渡って入れ替わっています。

 

だけど、

数日後に誰かわからないぐらい

全くの別人になっていた!!!

 

ってことありませんよね?

 

変化するとしても

徐々にです。

 

急激な変化

異常自体!と判断して

正常に(前の状態に)戻そうとするんです。

人は変われないの?

そしたら、

「結局わたしは変われないの?」

って思ってしまいますよね?

 

そうではありません!

あなたの周りでも

劇的な変化している人はたくさんいるはずです!

 

今まで同じような体型だったのに
急に痩せて綺麗になった!

 

とか

起業したのは同じくらいだったのに
あっという間に人気者になった

 

とか

 

これ、あなたの体感的には

急に

と感じているかもしれませんが

 

当の本人は

小さな変化を

繰り返してきただけなんです。

 

そう、

恒常性維持機能が

作動しないくらい

ちょっとずつ。

 

知っておきたいこと

それがわかっていると

 

急にガクンと落ちた…

なんだか力が入らない…

 

ってなったとしても

自分を否定しなくて済みます。

 

力入らなくなったな。

って感じた時は

エネルギーチャージが必要なとき

 

悶々としてるなと感じた時は

エネルギーが滞っているとき

 

なので、気分転換をすることが大切です。

 

そして、もっと大事なのは

少しずつの変化を
大切に扱う

ということ。

 

塵も積もればなんとやら。です。

 

それでも、悶々とする

なんかやる気が出ない。

って時はご連絡ください。

 

他にも大切なポイントがありますので

個人セッションやエネルギー調整で

あなたの人生の本線に戻るお手伝いをさせていただきます。

 

友だち追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました