6月の過ごし方で大切になること

micchiのひとりごと

今日から6月。

 

先月はいかがお過ごしでしたか?

 

5月は細かい揺れがほんとにすごくて

気持ちも身体もグラグラだった

って人も多いのでは?

 

わたしも実際に

骨盤、腰、首がどえらいことになってました。

 

季節的にも梅雨に向かって

なーんもせんでも溜まりやすい

 

だから、出す方を意識的にやらないと

すぐにパンパンになって

滞って

感覚が濁ってしまう

 

だけど、

6月は

出すことだけではなく

 

出したら

次にどんなものを入れるのかを

見極めなければいけないと思う。

 

質をしっかり見極める

 

 

この「質」とはなにか

なにに対して?

 

それは自分自身に対して。

 

人は

目や、耳、鼻、口、肌

そして、空氣からも情報を得ている。

自分に取り込んでいる。

 

その質をしっかりと見極め

自分に本当に合ったものを入れる。

 

誰かや何かの評価を鵜呑みにした

質の高そうなものではなく

 

自分の魂が呼応する

純度の高いもの。

 

それを見極め

取り入れていく。

 

そうすると

自然と循環が起こり

勝手に出入りしていく。

 

巡れば滞ることはない。

 

めぐらせ続ける日々を

生活の中でいかにやっていくのか

6月はそんなことを大切となる。

 

そして、

いま見極める力がないのであれば

その判断の仕方を知っている人に

教えてもらえばいい。

 

そして、その感覚を自分のモノにして

選び取る力を鍛えていけばいい。

 

繋がる人の見極めも

「なんだか気になる!」

という人に自分からアクセスして

 

実際に自分の肌で

どんなことを感じるのか

知ることも大切。

 

6月は

出すこと

入れるものの質

自分の肌感覚

 

これらを大切にしてみてくださいね!

 

〈無料相談やってます〉

随時受付しています。

ご希望の方はこちらからどうぞ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました