それは誰のためのもの?貢献とは?お役に立つとは?

micchiのひとりごと

様々な学びを通じて

今年で独立して3年になるのですが、
これまでいろんなことを学んできました。

順番はバラバラですが、
10代で自己啓発セミナーに参加したのを皮切りに

腸の改善をメインとした身体のケア
ホリスティックの観点から見る栄養学
量子力学
素質論
呼吸法
フェミニンケア

などなど。

美術や彫金、ジュエリー製作については学校で学んでいました。

 

スピリチュアリティについては、

元々持っていたものや、学んだことを組み合わせ、
体系化してご提供しております。

 

それぞれの学びは明確なビジョンがあって取り入れたものばかりではありません。

これを使って世の中のお役に立とう!などの使命感もありませんでした。

 

独立したのも意気込みがあってというよりは、
「生きるために。」という感覚が一番で、

できることからさせていただいた。

ただそれだけでした。

3年目に分かったこと

実はずっと「お役に立つ」という言葉に
葛藤や違和感みたいなものを感じていました。

だけど「仕事」とする以上は

誰かの何かの役に立ってこそ

このことを頭では理解しているものの、
なんとなく腑に落ちないまま…

 

わたしが頭で理解しようしている「お役立ち」

なんだかそれだけではない。
その奥になにかがある。

とも感じていたんです。

独立3年目。
ここにきてわかったのは

これまで得てきた知識や情報など

経験も含めて

すべて

 

わたしのためだった

ということでした。
(めちゃくちゃ自己中心的な表現ですよね。笑)

 

だけど、

すべてがわたしに必要だった。

 

わたしがわたしを生きるために
必要な知識や情報や体験だったのです。

 

 

わたし自身がどんどんクリアになり

自分自身を生きている感覚を取り戻す。

だからこそ、

その原体験が周囲の人たちに影響を及ぼす。

ということでした。

 

まず先にわたし自身を取り戻すことが必要だった。

 

だから「わたし」が大切なんだということが

改めて腑に落ちたのです。

 

そうすることで初めて、
本当のお役立ち(貢献)ができるのだと。

「肩書き=わたし」ではない

そして、ずっと悩んできた

「何屋さんかを明確にする」

ということはもう必要ないと、とも思えました。

 

ヒーラーでもいいし

カウンセラーでもいいし

アドバイザーでもいいし

コンサルタントでもいい

 

肩書きはなんでもよくて、

 

ただ、わたしにしかできない、
みつえだからこそ提供できるものを

 

させていただく。

 

ただそれだけ。

 

それ以上もそれ以下もない。

 

わたし自身の人生や

わたしの感覚を通じてキャッチしたものを

還元させていただく。

 

その生き方、在り方に気づいたとき、
今までにないくらい自分自身で生きることが心地よくなりました。

どこかに歪みを生じさせることもなく、
目の前の方と接することができるようにもなりました。

 

これからは、その領域に呼応する人たち

共に場を作っていくのだろうし、

わたしという存在が、その方々の”なにか”に

大きく貢献するのだろうと思います。

 

ようやくここに辿りつけた感覚。

自分自身を証明するための行動は、もう終わり。

 

これからは、知識や情報だけに縛られない

もっと自由で、もっと可能性に満ちた領域で

貢献していこうと決めました。

 

わたしがわたしであるだけで

貢献できる世界へ。

 

これから出会う方、お付き合いが続く方と
新しい世界を創っていけるのが楽しみです。

 

あなたもわたしも可能性に満ちている!

最後までお読みくださりありがとうございます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました