季節の分かれ目に福を呼び込む!

こんにちは!

今日は2月3日、節分ですね。

節分といえば、豆まき。

 

恵方巻は最近やたらと目にしますが

今回は「節分」と「豆まき」についてです。

 

どうして豆まきをするのか?

mame

本来、節分とは季節の変わり目である

「立春、立夏、立秋、立冬の前日」のことをいいますが、

春を迎えるということは新年を迎えるにも等しいぐらい大切な節目だったため、

室町時代あたりから節分といえば立春の前日だけをさすようになりました。

 

その立春は1年を24等分にして分けた

二十四節気の中で最初にあたる節気です。

なのである意味でここが1年のスタートとも言えますね。

 

そして節分ですが、季節の変わり目には邪気が

入りやすいと考えられており、新しい年を迎える前に

邪気を払って福を呼び込むための行事が行われるようになりました。

 

その行事の一つが「豆まき」ということです。

 

どうして鬼をやっつけるの?

鬼ちゃん

「鬼」という字を「おに」と読みますが、
「おに」という日本語は「陰(おん)」に由来します。

「陰」とは主として邪気のことをさし、それが「おに」なのです。

また、隠れている怖いものとして「隠人(おんにん)」が変化したという説もあり、
形の見えない災害、病、飢饉など、人間の想像力を超えた
恐ろしい出来事は鬼の仕業と考えられていたのです。

つまり、新しい年(立春)を迎える前日(立春の前日・節分)に、
鬼に豆をぶつけて邪気(おに)を払い、福を呼びこもうというわけです。

※この場合の鬼はわたしは邪気と捉えています。

実体のあるものというよりは「氣」ですね!

どうして大豆なの?

大豆は五穀のひとつで穀霊が宿るとされており、
米に次いで神事に用いられてきました。

米よりも粒が大きく、穀霊で悪霊を祓うのに最適であることや、
魔の目(魔目=まめ)に豆をぶつけて魔を滅する(魔滅=まめ)にも通じます。

ただし、豆まきに用いられる豆は炒り豆でないといけないようです。

これは、生の豆を使って拾い忘れたものから芽が出てしまうと
縁起が悪いとされているから。そして「炒る」が「射る」にも通じます。

つまり、「魔目」を「射る」ことで「魔滅」となるわけです。
節分用に市販されている大豆は炒ってありますが、一応ご注意ください。

 

魔を滅して気持ち新たに!

 

邪気払いは季節に関係なく必要なものではありますが、

この節目に取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

目の前にいる人を大切にしてますか

メリークリスマス!

 

今日はクリスマスですね。
毎年特に何かするタイプではないのですが
街が華やぐと自然と気持ちも上がりますよね。

ところで、タイトルにも書いた通り
あなたは目の前の人を大切にできていますか?

特に私が最近気になっているのは、、、

 

そう!
今、手にしているソレです。

スマホですね。(スマホに限らずですけど)

 

ブログを発信しておいて、どの口が言うてんねん!って感じなんですが

今のこの時間を共にしている大切な人がいるのに
心ここにあらずになっていないでしょうか。

 

かくいう私も無意識にスマホの画面を手眺めてしまっていることが多いです。

 

 

〜ちょっと想像してみてください〜

今日は待ちに待ったクリスマスデート❤️

 

お気に入りの服を来てあなたは大好きなあの人と

美味しいディナーを食べています

 

でも、目の前の人はスマホを片手にポチポチ
確かに上機嫌だし、楽しそう

 

でも・・・なんだか・・・・

 

こっちは楽しめない・・・

 

ってなりませんか?

 

 

それって誰と共有している時間なんでしょうか
せっかく楽しい時間もなんだか冷めてしまいませんか?

 

スマホが悪いわけではないし、SNSで発信することを仕事にしている方も
いらっしゃるのでそれを否定しているわけではありません。

わたしもそのひとりですし。

 

ただ、目の前の人との「いま」という時間を

共にしている意識がある?ってこと

 

いまこの瞬間を一緒に過ごしているのは目の前にいるその人だけなんです。

 

クリスマスというイベントだけに限らず、目の前の人との時間を大切にしていくことで

見落としがちな部分に気付くと思いますし

なにより相手との信頼関係が強くなるのではないかなって思います。

 

当たり前のことなんですけど、けっこうできていない。

 

小さいことかもしれませんが、それが積み重なると大きな差になる。

 

 

私も改めて意識していこうと思っています。

 

 

目の前にいる大切な人との時間…

大切にしてあげてくださいね❤️

28474-NX14Q5

では、素敵なクリスマスを!

隠れずに堂々と!

こんにちは!micchiです。
今朝、何気なくカードを引いてみたくなったので珍しく引いてみました。

 
あなたはわたし

わたしはあなた
繋がってるからね

 
では、引いたカードをご紹介

【富士山】

日本を感じる。意識する。
和の精神
そして、富士山のように堂々と立つ

 

富士=不二

 

他者との比較に生きて、隠れるのではなく

あなただけのユニークさを生かす時。

 

潔い覚悟と、やさしさを再確認
雲を突き抜けそびえ立ち、気高く在る

 

というメッセージです。

 

 

隠れず堂々と

そして、潔さが鍵みたい

美しい花、咲かせていきましょう

 

 

今日も素晴らしい1日を✨

毎年あの準備していますか?

こんにちは!micchiです。

暖冬かと思って気を抜いていましたが、風が冷たくなってきましたね。

 

ところで、年賀状の準備はお済みですか?

IMG_4118

あっという間にそんな時期。

今年はおかげさまで濃厚な1年を過ごさせて頂いたので

体感時間がとっても早かったです。

 

話は戻りますが、恒例行事の年賀状について

 

私はここ十数年、年賀状の習慣から離れていました。

面倒くさいと放ったらかしに…

もらった人にはお返事で出すという状態でいました。

 

元旦にポストに年賀状が入っていると嬉しいのに、

「出したほうがいいよなー」

「でもなー」

と毎年繰り返していました。

 

しかし、今年はちゃんと年賀状をこちらから送ろう!と

思っていたところ、こちらの記事が目にとまりました。

 

■ 年賀状を送っている人と送っていない人の年収差は平均140 万円。出世も早い

 

年収格差 役職

トレンド総研 参考記事

なんとも露骨というか、分かりやすい記事ではありますが…

 

大事なポイントは年賀状を出しているから収入が上がるとか

出世するということでなはなく

 

「ご縁を大切にし、形に変えている」

treeheart

というところなのではないかと思います。

(自分を棚に上げてますが…)

 

それでも、今年はちゃんと準備をしよう!と

思っていたところに、何かしたら後押しする情報を目にした

ということは必要な証拠。

 

やはり元旦に自分宛の年賀状が届いたら嬉しいし

もらった相手に少しだけでも思いを馳せるというもの

 

今年は送らせていただく方に向けてギフトを届けるかのように

ひとつひとつ氣持ちを込めて書こうと思っています。

 

まだ間に合いますので、私と同じように毎年迷って

放ってしまっているあなた!

今年は準備してみてはいかがでしょうか?

 

きっと氣持ちの良いスタートを迎えられると思いますよ◎